お悔み電報は言葉遣いに注意して送ろう

admin, 15.12.2012 , Category: サービス

親しい人やお世話になった人が亡くなったときには何か気持ちを伝える方法がない物か考える人も多いでしょう。仕事や住んでいる場所を考えてみると通夜や葬儀には参加できないという人も多く、そんな時には日を改めて弔問に向かうようにする必要があります。でもできれば葬儀の時に気持ちを伝えたいといった人はお悔み電報を利用するという方法があります。

お悔み電報を送る時にはいくつかの注意点があります。ただ言葉を台紙に記入して送ればいいというわけではありません。特に電報を打つときには言葉遣いには細心の注意を払わないといけません。お悔みは受け取った側に対して失礼のない文体でないといけませんし、ネガティブな感情を引き起こすような言葉遣いも好まれません。特に忌み言葉と言って使うことが失礼とされている言葉は細かく設定されていますので、お悔み電報を打つときには注意をしてみてください。

忌み言葉に関する知識を持っていないときに、突然電報を打たないといけないといった状況ではあまりいい文章にすることができません。あらかじめ用意された例文をそのまま使って送るという事も選択肢に入れておきましょう。その方が好まれる場合もありますので例文を上手に使ってみてください。

comment_author_email; $default = ""; // link to your default avatar $size = 40; // size in pixels squared $grav_url = "http://www.gravatar.com/avatar.php?gravatar_id= " . md5($email) . "&default=" . urlencode($default) . "&size=" . $size; ?>

Zostaw komentarz